日本のミュージック立場を振り返ってみます。昭和40年齢にはグループサウンズやフォーク、演歌などがラジオやテレビで流れていました。この頃はレコードを買いカセットテープに収録などしてラジカセで聴いていた時世です。
フォークソングの次には新BGMという階級のミュージックが流行りました。演歌でもなく歌謡曲も薄い、「ポップス」つながりといった直感の階級です。フォークからこういう新BGMつながりへと単に移行して言う美術家も数多くいました。事後ロゼレディや山口百恵、松田聖子といった女タレントのミュージックが成功し、「歌謡曲」という階級が確立して言うと思います。勿論郷ひろみものの旦那タレントもひっきりなしに出てきた頃です。それを見越すように各局では「ミュージックチャンネル」が放映されました。代表的なのが「ザ・ベストテン」や「トップテン」などです。ここでヒットした歌はその後も思う存分歌われ続けてある。また覚え易く、状態が経っても思い浮かぶ名曲はここから生まれていました。平成へと時世が翻り、装備はレコードからCDへと以後していきます。こういうCD浸透によりカセットテープやレコードは利用されなくなりました。ミュージックもJポップと呼ばれる曲やラップイメージの曲、そして「おにゃんこ組」のように多人数で歌うタレント階級が世論を得る風潮に変わってきました。そうしてもうすぐCDからDVD,またインターネット浸透によりミュージックを「セットアップ」して聴く、という時代になりました。ミュージック階級もレベルアップして評のしようがありません。最近になってまたレコードやカセットが見直されてきています。個人的には大歓迎です。若々しい年代の顧客にには正邪聴いて下さい、と思います。するっと小町は効果なしですか?