FCバルセロナの16/17時分のここまでについて書いていきたいと思います。
ディスカウントには費用6000万ユーロ以上の発展費をかけて、6スポーツマンを確保。2ndGKのシレッセンを除く5スポーツマンが22~23年代であり、層入れ替えの意味でも非常に充実したスポーツマン発展だったと思います。
ただし、今シーズンはけが人が続出してあり不安定な遊びが目立ちます。とにかく失点が多く、過誤によりボールロストから店をなくなるのを思い切り目にします。発展によりスポーツマンカテゴリーが太くなった結果、けが人が出ている現在でも2程度を確保していますが、組織の屋台骨、ブスケッツの異常が気がかりな所です。
まだ、メッシ・スアレス・ネイマールの3トップは各国屈指の破壊力を持っており、劣勢でも個々の力で翻す事が出来るのは頼もしい限りです。第4FWのパコ・アルカセルにももったいない季節は多々あったので、早く初得点が見たいですね。
中盤は何よりスポーツマンカテゴリーが分厚くアンドレ・ゴメス、デニス・スアレスの新関与チームをはじめ、前線も任命されている、アルダ・トゥランやラフィーニャ、大黒柱のイニエスタや組織のエッセンスのブスケッツ、そして豊富な運動量で組織を支えるラキティッチと他組織がうらやむ戦力が揃ってある。
ディフェンスに関しては、不安要素ではありましたが若手の発展に成功しましたが右手SBが欠落であり、その点が気になる所です。新関与のディニュとユムティティは敢然と組織に馴染み、ユムティティはレギュラーの座を確保しそうな勢いで力強い限りです。
GKは昨時分はカップ戦とリーグ戦を使い分けていましたが、ブラボの移籍により今シーズンはシュテーゲンがバルセロナのゴールマウスを続ける事になります。若いという事もあり、少しリライアビリティに欠けますが、足下のうまさは相変わらずでビックゲームには強く期待しています。
今シーズンはエンリケが言っていた道、現政権では最高の戦力を有しています。是非ともエンリケ政権2度目の3呼び名を達成してほしいですね。kaikanten.info/